スマホやタブレットで読めるマンガの法律書 『知らなきゃ損する職場の法律~問題社員と言われないために』

知らなきゃ損する職場の法律以前「魔法で分かる労働法~間違いだらけの労働現場~」を出版した特定社会保険労務士の曽利和彦さんが、2冊めとなる労働法に関する書籍を出版しました。今回は書籍は書籍でも「電子書籍」です。スマートフォンやタブレットなどで気軽に読める法律書、今回もコミPo! のマンガで法律をわかりやすく解説しています。

 

職場で起きる法律問題、というとどういう物を想像されるでしょうか。サービス残業とかパワハラといったものがよくマスコミで取り上げられていますが、それ以外にも些細なトラブルは結構あったりします。中には「無精髭を生やして営業に行くなんて……お前はクビだ!」なんていうお話もあるそうで……。

この電子書籍では社会保険労務士という立場で目の当たりにしてきた数多くの職場のトラブルの内5つを題材に取り上げています。それぞれの話の導入部と問題解決部にはストーリー仕立てのマンガが使われています。もちろんマンガパートはコミPo! を使って制作、わかりやすく説明されています。

前作は一般的な書籍の形式で発売されましたが、今回は電子書籍の形態で販売されています。AmazonのKindleストアで販売されていますので、Kindle Fireなどの専用端末をお持ちの方はもちろん、AndroidやiPhoneといったスマートフォン・タブレットでもKindleアプリ経由で購入、閲覧することができます。

また、ダウンロード特典として「給与明細の謎!!社会保険控除ってどうなってるの?」がプレゼントされます。正社員として働いていると必ず控除される健康保険、厚生年金保険、雇用保険の計算方法と控除される理由を、前作にも登場したキャラクター、菅野みのりが解説しています。

「知らなきゃ損する職場の法律~問題社員と言われないために~」はAmazon Kindleストアで販売中です。

コミPo! の無料体験版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
タグ: ,