第1回日本ストーリーデザイン大賞に入賞!「いけいけドンドン! ひのまる堂広告制作部」

マンガや小説などのコンテストは古くから行われてきましたが、最近は地域の活性化や振興のために地方自治体や公共団体が主体で行われるというケースも増えてきました。今回は熱海市を舞台に行われたコンテストへの応募事例として、「第1回日本ストーリーデザイン大賞」で辻真先賞に選ばれた龍魔王さんの作品「いけいけドンドン! ひのまる堂広告制作部」をご紹介します。

日本ストーリーデザイン大賞は、「大胆で創意あふれる現代的なストーリーデザイン作品」をテーマに行われたコンテストです。ストーリーデザインとはいわゆる「あらすじ」のことで、その作品の流れをざっくりと把握できるようにした文章のことです。第1回となる今回は開催地である「熱海市」を題材にすることもテーマに盛り込まれました。

いけいけどんどん! ひのまる堂広告制作部多くの応募があった中で、「熱海市の企業の宣伝に奔走する広告会社の新入社員」を描いた、龍魔王さん作の「いけいけドンドン!ひのまる堂広告制作部」が辻真先賞を受賞しました。作品はコミPo! でマンガ化されています。

ストーリーは冴えない丸メガネの主人公が広告会社に入社、広告のイロハもわからないままに熱海市の薄皮饅頭屋さんの広告を任されるところから始まります。なんとかCMは出来上がったものの、薄皮饅頭の売上はガタ落ち。そんな中、熱海でCMを見たとある夫婦の行動から物語は思わぬ展開に……。

コミPo! はウェブページ用の画像や自主出版の書籍への利用だけでなく、コンテストへの投稿などにもご利用いただけます。是非ご活用下さい。

コミPo! の無料体験版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
タグ: ,