事例紹介 マンガで読む Silverlight

2010年は全国各地で「戦国ブーム」が巻き起こった年でした。
きっかけはイケメン武将が登場するゲームだったそうで、それを見て全国各地の歴史的名所を巡る女性ファンが急増したんだとか。私も小学生の頃から歴史物が好きで、大河ドラマや本で戦国時代に触れ、戦国の世に思いを馳せたりしたものです。

ただし、その知識は小説や歴史書というよりは「マンガで読む日本史」で得たものがほとんどだったりします。文字ばかりの書籍に比べ、マンガだと分かりやすく、感情移入もしやすいので、スムーズに頭に入ってくるんですよね。

「マンガだと分かりやすい」というのは歴史に限った話ではありません。科学、芸術といった教育分野だけではなく、ビジネスの分野においても、マンガで解説する専門書は、珍しくなくなっています。

今回ご紹介するのはSilverlightについて解説したマンガです。

マンガで読むSilverlight※クリックで拡大表示されます

Silverlightとはマイクロソフトが提供するアプリケーション開発フレームワークです。高校野球のネット中継や、各種動画配信などに利用されています。

この手の解説というのは、どうしても開発者向けの色合いが濃く、専門用語が飛び交うこともあって、初心者にとって敷居が高くなりがちでした。
しかし、マンガを使うことで、写真やイラストが入り、会話調で話が進んでいくので、テンポ良く読み進めていくことができます。

今までは、こういう作品を作ろうと思うと、マンガの描ける人にお願いして描いて貰うか、自分で描くかしか方法がありませんでした。

しかし、コミPo! を使うと誰でも簡単に自分のイメージをマンガ化する事ができるようになります。うまく活用することで、ビジネスの解説書や、資料などをより分かりやすくする事ができます。

ちなみにこのマンガ、ビューア自体もSilverlightで作られています。

ページをめくるアニメーションやサムネイル表示、画像そのものの拡大縮小、メモ書きの入力など色々できる多機能なビューアです。是非一度ご覧下さい。

アドレスはこちら。pdf版もありますよ。
http://www.mohno.com/comipo/

【中の人】

コミPo! の無料体験版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote