コミPo! で作ればネームも伝わりやすい!「長嶋有漫画家計画」をご紹介します

長嶋有漫画化計画光文社さんから出版された「長嶋有漫画化計画」。原作者であり、「フキンシンちゃん」で漫画家デビューした芥川賞作家の長嶋有さんが、自ら編集から飲み会の仕切りまでやっているそうですが、作画担当さんにお渡しするネームにはコミPo! を使っているものもあるんだとか。

 

 

 

長嶋有漫画化計画「長嶋有漫画化計画」は、島崎譲さんの傑作「THE STAR」(現在「Jコミ」にて復刊)の世界を、文学の世界に置き換えようという試みです。

長嶋有さんがネームと呼ばれるマンガの下書きを作成し、それを参考に島崎さんが味付けをして描き起こすという手法が取られています。ネームの部分はコミPo! で作成されています。

 

 

 

長嶋有漫画化計画今までマンガ原作と言えば、原作者が「こんな感じで」とテキストで伝えるだけで、細かいニュアンスまで伝えることができませんでした。

ですが、原作者がコミPo! でネームを作れば、コマ割りやキャラクターの配置などをマンガ家さんにビジュアルでニュアンスを伝えることができます。

また、コマの大きさや人物の向き、大きさなど、コミPo! ならマウス操作で簡単に変えることができるので、漫画を描く方がネームを起こすのに使うのもいいかもしれませんね。

 

「長嶋有漫画化計画」は光文社さんから絶賛発売中です。「この漫画もコミPo! のネームから作られている」と考えながら読むと、また違った意味で楽しめるかも?

コミPo! の無料体験版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
タグ: