コミPo! ユーザーによるコミPo! ユーザーのための雑誌「季刊 コミュポ!」をご紹介します

季刊コミュポ13号共通の趣味を持つ人達が集まる場となると、少し前なら部活動の部室であったり、定期的に開かれる会合など、リアルな世界が中心でした。しかし今はTwitterやFacebook、mixiなどネットで時間や場所を問わずに共通の趣味を持つ人達が集まれるようになりました。画像や音声のやりとりも自由にできることから、ネット上での「合作」も盛んに行われています。もちろん、コミPo! を使ったマンガの合作も色んな所で行われています。

今回はそんな合作誌の一つ、ネットで知り合った仲間同士が立ち上げたコミPo! の本で、この冬で発行13号目を迎える「季刊コミュポ」をご紹介いたします。

「季刊コミュポ」はmixiのコミュニティから生まれた雑誌です。創刊は2011年の4月ですから、コミPo! の発売後5ヶ月ほどで生まれた雑誌ということになります。

バックナンバーも含め、以前コミPo! のマンガコンテストを開催したこともある電子書籍サイト「パブー」さんで、無料で公開されています。

 

内容は「コミPo! を使ったマンガやイラストならなんでもあり」ということで、オリジナルの作品あり、レポート漫画あり、質問コーナーあり、占いコーナーありと、毎号盛りだくさんの内容になっています。

最新号ではSEDESUさんのゲームにまつわるエッセイマンガ、つつみさんの大和ミュージアムを尋ねた日記マンガ、いけさんのコミポカイ(コミPo! のユーザーが集まるオフ会)レポート、Howldogさん、へけもこさん、キャスバルさんのストーリーマンガ、らいさん、いけさん、つつみさん、須崎ケーキさんの合作マンガなどが掲載されています。最新号は総ページ数なんと約230ページ。かなりの読み応えです。

 

掲載する画像データや、掲載内容についてのやりとりのほとんどは、mixiのコミュニティやTwitterなどのソーシャルネットワーク上で行われおり、Twitterのタイムラインなどを見るとそのやりとりを目にすることもできます。また、コミPo! 作品の投稿であれば誰でも投稿ができるようになっているのも大きな特長です。

最新号の巻末でも投稿を募集していることと、次回の〆切が(おおむね)3月15日であることが掲載されています。「どこかに投稿してみようかな?」という方、mixiのコミュニティをご覧の上で、投稿されてみてはいかがでしょうか?

コミPo! の無料体験版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
タグ: , ,