作品紹介 ある日、殿が憑依した♪

マンガの王道とも呼べるストーリーの一つに「日常生活に異世界のキャラクターがやってくる」というものがあります。他の星だったり、他の次元だったりと「異世界」はいろんなところにありますが、「過去」も異世界の一つですよね。今回は、過去からの訪問者を主人公にした、谷沢川コウさんの「ある日、殿が憑依した♪」をご紹介します。

ある日、殿が憑依した♪伊達政宗、といえば伊達家第17代当主である伊達藤次郎正宗公。幼少期に病で片眼を失い、「独眼竜」の名で知られる東北の名君です。

その伊達政宗がひょんなことで400年の時を越えて現代にやってきます。しかも、そのままではなく別の人に「憑依」する形で、です。

400年という時代の違いによる文化のギャップ、そして本来男性である伊達政宗公が女性英語教師に憑依してしまう、という2重のギャップが様々なドタバタを巻き起こします。

単なるドタバタストーリーだけではなく、元服の話や古式相撲の話など歴史的なネタも、絶妙に作品中に盛り込まれています。


「ある日、殿が憑依した♪」は全10話、COMEEの谷沢川コウさんのユーザーページでご覧いただく事ができます。谷沢川さんは他にも「むじんとお」「落ち武者さん」などの作品を公開されています。こちらもぜひご覧ください。

【中の人】

コミPo! の無料体験版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
タグ: , ,