作品紹介 Dドロップ!(だるまドロップ!)

Dドロップ!マンガのジャンルのひとつに「スポ根もの」というものがあります。主人公がスポーツを通じて数々の苦難に直面し、それを乗り越えて成長していく様を描くジャンルのことです。

スポーツを題材にした作品は数多くありますが、「だるま落とし」をテーマにしたスポ根ものは史上初なんじゃないでしょうか。

今回は白川嘘一郎さんの「Dドロップ!(だるまドロップ!)」をご紹介します。


Dドロップ!Dドロップ!は以前開催された「パブー × コミPo!  漫画コンテスト」に投稿された作品です。だるま落とし部に所属する女の子、丸井磨子が部のエースである瞳島達美に挑戦状をたたきつけるところからストーリーが始まります。

「そもそもだるま落としって、スポーツじゃないじゃん」というツッコミがありそうですが、練りに練られたルールと戦法、そしてリアリティのある展開に、読み終わる頃には「本当にこういうスポーツがあるんじゃないだろうか」と思えるくらいの内容となっています。

また、話の内容に合わせてコマもインパクトのある形で配置されています。所々で枠線のないコマ(右の絵の真ん中のコマ)を使ったり、背景付の大ゴマの上に更にコマ載せたり、斜めコマを使ったりと工夫されています。また、透明度を高めて輪郭線のみを強調した人物モデルを、少しズラして重ねるという手法を使われています。この技法は、技を繰り出すシーンなどで効果的に使われています。

ちなみに、コンテストのテーマは「こんな部活はイヤだ」だったのですが、そのテーマもしっかりと作中に盛り込まれています。どう盛り込まれているかは、パブーさんのページで本編をご覧ください。


Dドロップ!はコミPo! で製作された作品ですが、この世界観をベースに、手描きでの作品「だるまドロップ!」の連載が始まっています。

だるまドロップ!

原作は白川嘘一郎さん、マンガの執筆はしまざきさんが担当されています。力と技と知恵の競技「だるま落とし」に情熱を燃やす、少女たちの青春ストーリーは6月2日現在で第二話まで公開されています。マンガごっちゃさんや、だるまドロップ!の特設ページで公開されていますので、こちらもぜひご覧ください。

【中の人】

コミPo! の無料体験版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: , , ,