画像ファイル出力の画質向上、ユーザー3D関連機能の強化等を行ったコミPo! Ver.2.55 を公開しました!

先ほどコミPo! Ver.2.55 を公開いたしました。製品版ユーザーの方は「コミPo! アップデート」経由でアップデートすることができます。今回のアップデートでは画像ファイル出力の画質向上や、ユーザー3Dデータ関連機能の強化を行っています。

high_difinition_thumbまず画像ファイル出力ですが、従来の高精細出力に加えて「もっと高精細にする」というオプションを追加しました。同人誌やポスター等、印刷用の素材出力時に画質向上の効果があります。※1

次にユーザー3Dデータですが、大きく2つの機能追加を行っています。

3d_outline_thumbまずユーザー3Dデータの「3D輪郭線タイプ」に「なし」を追加しました。最外周にも輪郭線が表示されなくなるので、柔らかい見た目のアイテムに利用すると効果的です。

3D_optical_camouflage_thumbまた、ユーザー3Dデータに「光学迷彩パーツ化」という機能を追加しました。半透明なユーザー3Dデータをキャラクターに追加パーツとして装着し、この設定をONにするとそのパーツに隠れた部分は身体が表示されなくなります。例えば水に沈んでいる、とか壁に埋まっている、といった表現がしやすくなりました。

右のイラストで使用しているシンプルな板のパーツを公式サイトの「その他の3Dアイテム」のページからダウンロードできますので、是非お試し下さい。

その他にもいくつかの機能改善を行っています。詳しくはアップデート情報のページをご覧ください。

コミPo! Ver.2.55 は「コミPo! アップデート」経由で無償でアップデートすることができます。コミPo! を起動してもコミPo! アップデートが起動しない場合はヘルプメニューから「コミPo! アップデート」を選択して下さい。

※1 PCのスペックが十分でない場合は、正常に描画できなくなる場合がありますのでご注意ください。異常があった場合は、本設定をOFFにしてください。64bit OS、VRAM 512MB 以上が推奨です。

コミPo! の無料体験版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
タグ: ,