コミPo!

ダ・ヴィンチ・恐山 様

私は、かわいい女の子のキャラクターが登場するマンガを描いてちやほやされたいと常々思っていました。しかし、いざ描いてみると私の絵は老人が描く暑中見舞いのイラストに似ていて、「萌え」という言葉からは200海里ほどかけ離れていましたし、マンガですらありませんでした。

アイデアはあるのに、形にできない。どうすれば私のような人間が萌えの世界に、いや、「マンガ」の世界に足を踏み入れられるのだろう。そしてあと5cmほど身長を伸ばせるのだろう。

そしてある日コミPo!を使ってみたとき、その簡単さに驚くことになります。

「すごい! これはちやほやされるチャンス!」

そう思い立ってマンガを何作か作りました。するとどうでしょう、いつの間にか商業誌でマンガ連載を持っていたではないですか。「老人の暑中見舞い」だった頃にはありえない出来事です。簡単にイメージをビジュアル化できるコミPo!の特長が、私のアイデアを「マンガ」という形に伸ばしてくれたからこそだと思います。

「アイデアはあるのに」という方は、ぜひ一度コミPo! を使ってみてほしいです。画力の有無にかかわらず、アイデアをコマの中に落としこむためのツールとして、強力な武器になると思います。

ちなみに身長はいまだに全く伸びません。