JavaScriptとコミPo!でゲームを作ろう!9leapとのコラボ企画「9leap 9Days コミPo! Challenge」の応募作品のご紹介

HTML5+JavaScriptベースのスマートフォン向けオリジナルゲームのコンテスト、「9leap」さんでコミPo!素材を使ったゲームのコンテスト「9leap 9Days コミPo! Challenge」が開催されました。9日間という限られた期間で作られるオリジナルゲーム。その応募作品をご紹介いたします。

「9leap」さんは、ユビキタスエンターテインメントさんとディーツーコミュニケーションズさんが共催する、JavaScriptベースのスマートフォン向けオリジナルゲームのコンテストです。自分の作ったゲームを公開し他の人に遊んでもらったり、他のユーザが作ったゲームを自由に楽しんだりすることができるサイトです。

JabaScriptはプログラミング初心者でも簡単にゲームを作ることができますが、それに使用するグラフィックはどうしても自分で用意しなければなりません。たくさんのグラフィックが必要なゲームを作るとすると、大変な手間になります。しかも、今回のコンテストは9日間という短期間。そんな時に便利なのがコミPo! です。

「9leap 9Days コミPo! Challenge」では、これまで作成する事が難しかった表情豊かなキャラクターや、たくさんのグラフィックを使ったゲームをコミPo! を活用することで大幅にカバー。より目を惹く斬新なゲームを募集したところ、3つの応募作品がありましたので、ご紹介します。

DokiDokiスピード!

トランプのスピードのルールでCPUと対戦します。フキダシをトランプのカードに見立てているため、小さな画面でも数字やマークがわかりやすくなっています。CPUより早くドラッグするのはなかなか難しいですが、その分勝てたときの喜びもひとしお。後ろでかわいくポーズをとるこみぽちゃんに気を取られていると負けます。ご注意を!

 

 

 

まねまねしょーぶ!!

タイミングに合わせて隣の女の子と同じポーズを選びます。コミPo!のキャラクターポーズを活かし、単純な操作とバランスのいい難易度。ついついもう一回、と続けてしまうゲームです。また、ゲームの中で男の子と女の子がフキダシで会話をし、マンガのようになっています。コミPo!素材を十二分に活かして作られたゲームです。

 

 

 

コミPo! しんけ~すいじゃく!

コミPo! にプリセットされた登場人物に加え、アレンジしたキャラクターを含めた数キャラクターで作られた図柄のカードを利用した神経衰弱です。キャラクターだけでなくポーズや背景もカードのバリエーションにすることで似ているけど違うカードが何種類か作られています。そのため、「あれ?これだと思ったのに!」と思うこともしばしば・・・。ゲームの説明もコミPo! を使ったマンガで作られていてとても親切です。
 

 

 

どのゲームも簡単な操作で、サクッと楽しく遊べる工夫が凝らされています。この他にも、9leapさんのサイトではたくさんのゲームが公開されていますので、ぜひプレイしてみてください。

ちなみに、私も遊んでみたのですが、改めて記憶力や瞬発力の衰えを実感…これらゲームで鍛えてみようと思います。

【2011年10月28日追記】

9leapのブログで今回のコンテストの結果が発表されました。

優秀賞:まねまねしょーぶ!! (kassy708さん)

インパクト賞:DokiDokiスピード(v416さん)

テクニック賞:コミPo! しんけ~すいじゃく!(usamyu_さん)

入賞された皆様にはコミPo! ダウンロードを始めとした賞品が贈られます。9leapさんの講評につきましてはブログWise9をご覧ください。

コミPo! の無料体験版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: ,