『描く!』マンガ展にコミPo! が協賛、体験ブースを設置します

opam8月1日から9月23日まで、大分県立美術館で行われる「『描く!』マンガ展」にコミPo! が協賛いたします。戦後から現在までのマンガという文化をたどることができるこの展示会にコミPo! が協賛いたします。会場にはコミPo! を体験できるスペースも用意されます。

「『描く!』マンガ展」はマンガを「描く」「人に見せる」「たのしむ」という、マンガの本質的な営為に着目し、優れたマンガ家たちの卓越した作画技術を紹介するとともに、その時代背景を様々な視点から改めて見つめなおす展示会です。さいとう・たかを原作の「ゴルゴ13」の主人公デューク東郷とあずまきよひこ原作の「よつばと!」の主人公小岩井よつばが並んだメインイメージは公開早々ネット上でも話題になっていました。

展示会では手塚治虫、石ノ森章太郎、藤子不二雄A、赤塚不二夫、水野英子といったマンガ界の巨匠達の子供時代やデビュー前後の作品展示、さいとう・たかを、竹宮恵子、陸奥A子、諸星大二郎、島本和彦、平野耕太、あずまきよひこ、PEACH-PITら現代マンガの最前線を走るマンガ家達の作品展示が行われます。

また、9月5日から9月20日までの週末はゲストを呼んでのイベントが開催されます。9月6日にはコミPo! にも縁のある田中圭一、伊藤剛の両先生を迎えてのトークイベント「『描く!』を読み解く」も行われます。(イベントは要事前予約)

コミPo! はこの展示会に協賛を行います。展示会場内の特設ブースにはコミPo! をインストールしたPCが設置され、コミPo! を自由に体験できるようになっています。コミコレなどの追加データも一式インストールした状態になっていますので、お近くの方や夏休み中に大分までお出かけの方は、是非大分県立美術館にお立ち寄りください。

 

『描く!』マンガ展開催 要項

会期 2015年8月1日(土)~2015年9月23日(水)
会場 大分県立美術館 3F 展示室B
大分県大分市寿町2-1
開館時間

10:00~19:00 (金・土は20:00まで)
初日8月1日は12時開館、9月1日は休展

観覧料 一般・大学生:当日 800円 / 団体 600円
小中高生:当日 600円 / 団体 400円
URL http://opam.jp
コミPo! の無料体験版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
タグ: , , ,