事例紹介 「ヴィッツの本。」「川越観光まにあっくす2」

特別快速つなみ怒涛の夏コミから早いもので半月が経過しました。本やグッズ、様々なものが頒布されていた夏コミですが、冬コミに続いてコミPo! で制作された本を頒布していたサークルさんがあったようです。その中から、今回はサークル「特別快速つなみ」の同人誌をご紹介します。

 

 

今回特別快速つなみさんでは新刊4冊と委託本・グッズを頒布されたそうです。その中で、コミPo! 本は2部。車を新車購入してからの歴史をまとめた「ヴィッツの本。」、そして川越のローカルバスに焦点を当てた「川越観光まにあっくす、その2」です。カラープリンタで印刷された本をホチキスで留め、製本テープで仕上げる、いわゆる「コピー本」と呼ばれるタイプの本です。

「ヴィッツの本。」ではエンジンルームや車内の様子が、「川越観光まにあっくす2」では川越観光自動車の森林公園の営業所と、バスが運行されている東松山~鴻巣周辺をめぐった様子が途中の風景の写真と共に掲載されています。以前、鉄道の紹介にコミPo! を使われている「トラベル☆シミュレータ」さんをご紹介しましたが、乗り物系の紹介は写真を多く使いますから、コミPo! との相性がいいのかもしれませんね。

 

道の駅「いちごの里よしみ」元ページいずれの本も写真と文章が中心で、ところどころにコミPo! のキャラクターが登場、その写真の場所や、写っているものにちなんだコメントが付けられています。例えば、いちごが名産の埼玉県吉見町には荒川が流れていて、その川幅は日本一!とか…まるで一緒に車を見たり、旅をしているような気分になれますよね。

ちなみにこの本、コミPo! でページ全体のデータをした後に画像としてファイルに出力し、別のソフトに貼り付けてから印刷するという方法で作られているそうです。上が大元のデータ、下は印刷して本の形になったものです。

(どちらの画像もクリックすると拡大表示されます)

本になった『道の駅「いちごの里よしみ」』こういったプチ旅行レポ的なものはブログでも広く書かれていますが、ブログに写真を貼り付けるだけだとレイアウトも単調になりがちです。キャラクターとちょっとしたコメントが加わることで、読みやすさがかなり変わってきます。

サークル「特別快速つなみ」の代表、椎名つなみさんのホームページはこちらです。

コミPo! ではデジカメの写真を簡単に読み込むことができますので、今までとは違った旅行レポートや日記が書けるかもしれません。ぜひ一度お試しください。

【中の人】

コミPo! の無料体験版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
タグ: , ,