事例紹介 enchant.jsでコミPo! キャラを動かしてみた

enchant.jsでコミPo!キャラを動かしてみた最近、ブラウザだけで遊べるゲームが増えてきています。トランプや麻雀などのテーブルゲームだけではなく、ちょっとしたアクションゲームもブラウザで動かせるようになりつつあります。まだまだFlashのコンテンツが主流ですが、徐々にHTML5に対応したものも出始めています。

そのHTML5にJavascriptを組み合わせてゲームを作れるオープンソース、「enchant.js」のサンプルが公開されています。ませうさん作のこのサンプルでは、コミPo! のキャラクターがキー操作にあわせて動きます。

HTML5といえば以前「マンガでわかるHTML5」という、HTML5をコミPo! を使って解説していただいているページをご紹介させていただきました。HTML5はPCのブラウザだけではなく、iPhoneやiPad、Androidのブラウザなどにも対応しているため、幅広いデバイスでコンテンツを展開することが可能です。

enchant.jsでコミPo!キャラを動かしてみたご紹介するませうさんのサイトでは、キャラクターがキー入力に反応するコンテンツを公開しています。コミPo! で作られたキャラクターが、キー入力に合わせて攻撃したり、気合をためたりします。

上述の通り、HTML5に対応したブラウザであればデバイスを問わずに表示できます。試しにiPadのブラウザ(Safari)で表示してみましたが、PCのブラウザと全く同じように表示することができました。(左写真)

コミPo! の製品版はこういったプログラムにもご利用いただけます。また、背景を透過にするオプションをオンにすれば、ゲームの背景に重ねて表示することも簡単にできます。

 

【中の人】

コミPo! の無料体験版はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
タグ: , ,