コミPo! とは

Ver.1.51.00 から 1.55.00 への主な変更点 (2011/06/06)

「マンガでツイート」機能の追加

コミPo! の編集画面に表示されている画像を、ツイート(コメント短文)付きでTwitterおよびTwitPicへ瞬時にアップロードし、手軽に公開できる機能です。

  • 「ファイル」メニューおよびツールバーにある「マンガでツイート」を実行し、「ツイート」文章を入力するだけです。ツイート文をTwitterで公開すると同時に、現在のページまたは選択しているレイヤーの画像をTwitPicへアップロードします。ツイートにはTwitPicの画像へのURLリンクが自動的に付加されます。
  • この機能を使用するには、別途「Twitterアカウント」の取得が必要です。TwitterおよびTwitPicについての詳細は、それぞれのウェブページをご覧ください。
    [Twitter] : https://www.twitter.com/
    [TwitPic] : http://www.twitpic.com/

※TwitPicは2014年10月25日でサービスを終了しています。

「キャラクター作成」のバリエーション追加と拡張

  • 女髪型の2・4・5・8番目に、追加パーツ「後ろ髪」として「おさげ」を追加
  • 「靴」の革靴に「ホワイト+ブルー」(男女)と「ライトブラウン」(女のみ)を追加
  • 「ポニーテール」のリボン(小さい方のみ)、「ツインテール」のリボン(2種類)、「アクセサリー」のリボンとバンダナに、それぞれ3色ずつ追加
  • 「ポニーテール」の位置のY(上下)方向の可動範囲を±200から±350へ拡張
  • 「つむじ」のパーツの回転可能範囲を全軸±180度に拡張
  • 「つむじ」のパーツのサイズ拡大最大値が不統一だったので、すべて最大40に拡張し揃えた

「パーツ変更」の拡張

  • 新たな接続ポイントとして「頭上アイテム」「足元アイテム」を追加し、「机上アイテム」および「ユーザー3Dデータ」を接続可能にした
  • 標準3Dアイテムの位置の可動範囲を±500に拡張
  • 標準3Dアイテムのサイズ変更可能範囲を拡張 (机・イス・座卓は除く)
  • 「マイクスタンド」「指示棒」「ケロタン」を「右手アイテム」「左手アイテム」として使用可能にした
    ※「ケロタン」は「応援隊専用3Dアイテム Vol.4」に収録されています

素材の追加

  • 「3Dアイテム」に21個を追加
    • 「01.文房具」 : マジック(黒・蓋無)、マジック(赤・蓋無)
    • 「03.家電」 : ノートPC(開・画面抜)、懐中電灯、デジタルカメラ
    • 「04.生活」 : 傘B(開)、傘B(閉)、傘C(開)、傘C(閉)
    • 「05.飲食」 : ジュース(ペットボトル開)
    • 「07.居住」 : ロウソク(消)、ロウソク(灯)
    • 「11.スポーツ」 : サッカーボール、バスケットボール、竹刀
    • 「13.遊戯」 : ピコピコハンマー
    • 「14.美術・骨董」: 水晶玉
    • 「42.鳥」 : ハト(白)01、ハト(白)02、ハト(白)03、ハト(白)04
  • 「アイテム画像」に3個を追加
    • 「33.草花」 : あじさい_01a、あじさい_01b、あじさい_01c

「ユーザー3Dデータ」の「3D輪郭線」表示機能を拡張

  • 「ユーザー3Dデータ読み込み設定」に「3D輪郭線タイプ」の指定を追加し、MQOファイルの読み込み時に3D輪郭線のタイプを以下の2種類から選択できるようにした
    • 「最外周のみ」: 標準(Ver.1.50互換)の3D輪郭線表示方法を使用します。「すべて表示」でうまく表示できない場合もこちらを選択してください。
    • 「すべて表示」: 法線ベクトルを計算し「角が立つ」部分などを検出して3D輪郭線を表示します。ただし、あらかじめ考慮して作られたモデルデータでないと、うまく3D輪郭線が表示されない場合があります。

※旧バージョン(Ver.1.50)で作成されたCSUファイルは変更できません。本バージョンで、改めて元のMQOファイルを読み込みなおすことで、「すべて表示」タイプの3D輪郭線表示に対応できます。
※ユーザー3Dデータに対応したMQOファイルの作成方法については、こちらのページをご覧ください。
https://www.comipo.com/features/features_3ddata.html

レイヤー操作関連機能の強化

  • レイヤープロパティー上部に表示されているレイヤー名を変更できるようにした
  • 「数値で指定」機能を、「レイヤー」メニューおよび各レイヤーのコンテキストメニューに追加し、位置・サイズ・回転角度を数値で変更できるようにした
    ※レイヤーを1つだけ選択しているときのみ使用可能
  • ステータスバーの位置・サイズ・回転角度の表示位置をクリックすると「数値で指定」が開くようにした
  • 複数レイヤー選択時は、ステータスバーの位置・サイズに、選択全体の位置とサイズを表示するようにした
  • レイヤーリストのコンテキストメニューに「編集画面を自動スクロール」オプションを追加(初期値:ON)
    ※OFFにした場合は、レイヤーリストでレイヤー選択した場合でも、編集画面がそのレイヤーが見える位置に自動スクロールしなくなります。

「画像ファイル出力」の機能追加

  • 「[ウェブ公開向け]では省メモリ・速度優先」オプションを追加(初期値:ON)
    • ON : 内部処理で生成する画像の解像度を落とすことで、使用メモリー量が減り、処理速度が向上します。ウェブ公開向けの解像度であれば、OFFの場合と比べてほとんど違いが気になることはありません。
    • OFF : 従来互換の方式です。多くのメモリーと処理時間を必要としますが、ONの場合より若干画質が向上する場合があります。ONでの画質が気になる場合はこちらを試してみてください。
  • 「出力先フォルダ」の指定に「フォルダを開く」ボタンを追加し、エクスプローラで出力先フォルダを即座に開けるようにした

「自動バックアップ」機能を搭載

  • 編集内容を一定時間ごとに自動的に「バックアップファイル」へ保存するようにした
    ※バックアップファイルはユーザーデータ保存先フォルダに作成します。
    ※正常に保存または終了した場合は削除します。
  • アプリケーションに異常が発生し、強制終了した場合、次回起動時に自動的にバックアップファイルを読み込み、作業状態を復元できるようにした
  • 「環境設定」の「その他」タブに「自動バックアップ」の設定を追加し、機能のON/OFFおよび保存間隔(初期値:5分)を変更可能にした

その他の改良

  • 「ファイル」メニューに「現在のページのみを別名で保存」機能を追加
  • 素材リストのカテゴリ名の選択で、長い名前でも末尾が切れないようにした

不具合修正

  • 「ユーザー3Dデータ」の表示で、テクスチャリピートの扱いがメタセコイア上の表示と異なっていた不具合を修正
  • 「画像ファイル出力」で、出力に失敗したレイヤーがあった場合に、エラーメッセージが出なかった問題を修正
  • 「パーツ変更」で、削除したユーザー3Dデータが、コミPo! を終了するまで候補に表示されてしまう不具合を修正
  • 「パーツ変更」で、「右手アイテム」に「応援隊専用3Dアイテム Vol.4」および「Vol.5」のアイテムを持たせると、靴の位置がおかしくなることがある不具合を修正
  • 「パーツ変更」で、「自動プレビュー」オプションをOFFにしても記憶されない(次回は常にONになる)不具合を修正
  • 「3Dキャラクター」で、「名前の変更」をしたあとのキャラクターを「キャラクター編集」した場合、「保存」ボタンを押して上書き保存しようとすると変更前の名前で保存してしまう不具合を修正