コミPo! とは

Ver.2.35.00 から 2.50.00 への主な変更点 (2013/12/12)

ユーザー3Dデータ読み込みで「MikuMikuDance PMD形式」に対応

従来のMQO、OBJ形式と同様に、PMD形式の3DモデルデータもコミPo! に読み込んで使用できるようにしました。

pmd
  • ※MikuMikuDanceと描画方法が異なるため、色や輪郭線などの表示が異なって見える場合があります。
  • ※PMDファイルを利用する前に、必ずPMDファイルの著作権者の使用許諾条件等を確認してください。また、コミPo! へ取り込んだあとのCSUファイルを再配布する場合にも同様にご注意ください。

ユーザー3Dデータ関連の機能強化

読み込み可能なモデルデータの制限を拡張し、従来よりもよりデータ量の大きいモデルデータを使用可能にした(MQO,OBJ,PMD共通)

情報 Ver.2.50以降 推奨上限値 (参考)Ver.2.35
モデルファイルサイズ 16MB 8MB 8MB
総頂点数 12万 6万 6万
総面数 12万 6万 6万
オブジェクト数 128 128 64
マテリアル数 128 64 64
テクスチャ枚数 64 40 8
テクスチャ縦横サイズ 2048×2048 2048×2048 2048×2048
1テクスチャファイルサイズ 20MB 16MB 4MB
総テクスチャファイルサイズ 32MB 20MB 8MB

 

  • ※推奨上限値を超えるモデルデータを読み込もうとした場合は、警告を表示します(設定で警告表示をOFFにもできます)。
  • ※ユーザー3Dデータについての詳細はこちらのページをご覧ください。
  • ユーザー3Dデータの描画では、マテリアルとテクスチャの透明度をブレンドして表示するようにした(従来は一方のみの反映)
    ※テクスチャはアルファ無し(不透明)で用意し、モデルのマテリアル設定で透明度を指定する、といった制作方法が可能になります。
  • 「ユーザー3Dデータ読み込み」ダイアログに現在の登録データ数を表示するようにした

「パーツ変更」の改良

  • アイテム一覧表示の対象を、「すべて」「プリセット」「ユーザー3D」ボタンで切り替えられるようにした
  • 表示対象が「ユーザー3D」の場合は、表示するアイテムのカテゴリも指定できるようにした

「ポーズ変更」の改良

  • 「検索」機能を追加し、入力した文字を含む名前のポーズのみを一覧に表示できるようにした

「画像ファイル出力」の改良

  • 「ベースファイル名」の指定に「コミック名引用」ボタンを追加し、コミック名を簡単にファイル名に適用できるようにした
  • 「出力範囲」が「選択レイヤーのみ」のときには、「ページ番号を付ける」オプションでファイル名に番号を付けるかどうか変更可能にした

その他の改良

  • 素材リストの「3Dキャラクター」と「スナップ素材」で、プリセットとユーザーの表示切り替えをボタン方式にした
  • キャラクターの「モデルのチェンジ」ダイアログで、プリセットキャラとユーザーキャラの表示切り替えをボタン方式にした
  • 「数値で指定」ダイアログで、「上下」「左右」のみのセンタリングもできるようにした

不具合修正

  • コミPo! を起動したままPCがスリープやロック状態から復帰した直後に発生することがある、下記の問題を改善
    • 編集画面の表示が乱れる(真っ黒になるなど)
    • 表示倍率変更やページ切り替をすると、コミPo! が操作不能状態になる
  • 編集画面でコマをクリックしたときに、コマが不透明であっても、コマの後ろに隠れて見えていないレイヤーを選択してしまう不具合を修正